海外のホテルでの常識

オリジナル見出し01

いざ海外に旅行するときにホテルを予約すると思いますが、実際に海外での常識っていうのは日本とは違う点も多くあります。


そのひとつが欧米での習慣であるチップです。

チップはそのサービスに対する感謝の気持ちをお金で表したものです。少なすぎず、また多すぎずに渡せると良いのですが、実際に国によっても金額はまちまちなので事前に下調べが必要です。
またチップが必要でない国もあります。

ホテルではチップをいつ渡していいのか戸惑うケースもありますが、具体的にはベルボーイが荷物を運んでいた際や、ドアマンがタクシーを呼んで行き先を運転手に伝えた対応の際や部屋にルームサービスとして運んでくれたりした際などです。
チップはだいたい1ドルから2ドル程度で構いませんが、高級ホテルだともう少し金額を上乗せすると良いと思います。チップを渡すときの注意点はお財布からチップを渡すと泥棒される恐れがありますので絶対にやってはいけません。
チップ用の小銭をポケットに忍ばせておきいつでも出せるようにしておきます。

海外のホテルではすでに支払い済みのクーポンを提示してもチェックイン時に一定額の現金やクレジットカードの提示を求めるところが多くあります。

いわゆる保証の為の預り金です。

また海外ではオーバーブッキングといって急なキャンセルを事前に想定して多くの予約を受け付けているところがほとんどです。
そのためチェックイン時に宿泊できない場合があり、その場合は他の同等レベルのホテルを用意してくれます。

福岡発の沖縄旅行情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

スノボのツアーに関する情報をすばやく探せます。





アメリカ横断について紹介しています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112102000248.html

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170124-OYT8T50077.html

http://girlschannel.net/topics/1120430/

関連リンク

  • タイトル21

    海外旅行や海外出張の際は航空券やホテルなどの予約が必要になります。しかし、フリーで出発する時にすでに滞在先が決まっている場合は海外航空券のみ手配をしなければなりません。...

  • タイトル22

    お仕事に、真正面から取り組んでおられる方にとって、何か成果を得たり、結果を残した時とは、この上なく喜ばしいことです。しかしその事を誰かに自慢するのもかっこ悪いし、言っても理解してもらい難い部分もあります。...